車いすでこんなにシニア犬生活が変わる☆

pic_column_201704_1

こんにちは。
獣医師の佐々木彩子です。

今回は来月17歳になるラサアプソの女のコ
フランちゃんのお話です。

フランちゃんは心臓が悪く
4年ほど前から毎日お薬を飲んでいましたが
その他には大きな病気はありませんでした。

ところが去年の夏に
急性胃腸炎を起こし
嘔吐下痢が止まらず
食欲も落ちてしまいました。

一気に体重も減り
足腰も急に弱くなってしまいました。

秋頃からは
お留守番中に寝なくなってしまい
飼い主さんが仕事の途中で
様子を見に自宅へ戻ると
大きな声で吠え続けている日も
あったそうです。

冬頃からは
前肢に力が入らなくなってしまい
立つことがだんだんと難しくなりました。

旋回もはじまり
立たせてもすぐに転んでは鳴き
昼も夜も2・3時間寝ては起きて鳴いて
の繰り返しでした。

飼い主様もご夫婦共にお仕事のため
かかりつけの病院で興奮を抑える鎮静剤を
もらって飲ませていましたが
それほど効果はなかったそうです。

そして年が明けた1月末には
3日間ずっと鳴きっぱなしの興奮状態が続き

かかりつけ医では
脳腫瘍かもしれないと言われ
けいれんを抑える
飲み薬と座薬を処方されました。

その2日後のこと

少しでもこの興奮状態を
なんとかしてあげたい
おだやかに過ごさせてあげたい
そんな思いで飼い主様はキュティアに
来院されました。

マットの上で後ろ足をバタバタ動かす
フランちゃんを初めて診たとき
「まだまだ歩きたいんだな」
と思いました。

神経の反射は四肢の足全て
で消失していましたが
支えてあげればなんとか後ろ足が
動かせていました。

身体のエネルギーである「気」は
頭の方に集まり興奮していました。
急に身体が思うように動かなくなり
混乱していたのでしょう。

東洋医学的には
四肢の力が入らなくなる=腎の弱り
=気が上昇しやすい=興奮して眠れない
という悪循環に陥ってしまうのです。

そこで頭の方に上がってしまっている
気を下してあげて
腎のエネルギーを補ってあげる鍼灸治療を
行ない漢方薬の処方をしました。

しかし最も重要なのは
なんでフランちゃんがそのような状態に
なってしまったかという根本の原因です。

それは歩けなくなってしまったこと
にあります。

これを解決してあげないことには
いくら治療をしていても
なかなか改善しません。

そこで車イスの使用をおすすめしました。

キュティアにちょうど良いサイズの車イスが
あったので試しに乗せてみました。

そしてお仕事の間はどうしても
寝かせたままになってしまうので
週3日ほどデイケアに通うことになりました。

最初は車イスに乗せても
首は下にだらんと垂れ下がり
前足にも全く力が入っていませんでした。

ですが少し動かすことができる
後足でなんとか蹴って少しずつ
前に進みはじめたのです。

そして治療してから1週間が経った頃
少しずつ首が上がるようになり
前肢の動きが出てきました

そこからの回復はとても早く
徐々にスムーズに歩行を楽しむように
なりました☆

今では日中はずっと車イスに乗って歩き
疲れたら休んでを繰り返しています。

以前のように
興奮したり吠えて鳴きやまなかったり
することはなくなりました。

pic_column_201704_2

自由に歩かせると壁にぶつかってしまったり
家具に車イスが引っかかったり
小さく旋回してしまったりするので

固定した支柱と車イスを
細いパイプでつないぎ
大きく旋回できるよう車イスに
簡単な改造を加えました。

お家でも支柱を用意して
デイケアに来る時は車いすとパイプ
も持ってきます。

キュティアでのデイケア中もお家と同じ
ように歩くことができるんです♪

脳腫瘍かもしれないと言われ
一時は安楽死ま考えなければいけない
と言われたフランちゃん。

キュティアが提携している
ケージレスのペットホテルにも
2泊3日でらくらくお泊ができました。

あきらめずに少しでも何かできることを
探してあげることで
こんなにも飼い主さんと
わんちゃんの生活は大きく変わります。

高齢になると予想もしていなかった
様々なことが起こります。

そんな時でも
病気にだけ目を向けるのではなく
わんちゃんと飼い主さんにとって
何が一番幸せかを探すことで
解決策が出てくるかもしれません。

それではハッピードッグライフ♪

  • 獣医師コラムトップページへ