ヘルニアが鍼灸治療で感動的な回復-頑張っている犬たちをご紹介-

pic_kyun2

ようやくあたたかい日も出てきましたが
5月並の気温の日もあれば12月の気温に
いっきに下がったりで体調を崩しやすい
季節です。

先月
「立春の後は暦の上では春=肝の季節です」
とお話しましたね。

それを書いた数日後に春一番が吹きました。
ちょうど週末だったのですが
その春一番が吹いた日に体調を崩すコが
たくさんいました。

みんな「肝」の問題がでてしまったのです。

イライラしたり
落ち着かなかったり
眠れなかったり
目が充血したり
眼振が起きたり
食欲が落ちたり
足がふるえたり
発作を起こしたり

と症状はそのコによってまちまちです。

冬は腎のパワーを補う漢方を飲んでいたコも
この季節だけは肝の疏泄(そせつ)を促す
漢方に替えたりする必要があります。

うちのエンジェル18歳も
一度意識を失う発作を起こし
肝の漢方を飲ませはじめました。

漢方を飲ませてから調子は安定しています!

さて今月は
感動的な回復を見せてくれたわんちゃんの
紹介をしたいと思います。

14歳チワワのキュンくん。

生まれつき左右の膝関節が脱臼しやすく
2歳頃に腰の椎間板ヘルニアで痛みが出て
お薬で治療したようです。

その後は大きな病気はなく
時々足腰が痛くなり
お薬を飲む程度で過ごしていました。

しかし2年前に同居犬が亡くなってから
寝てる時間が増えてしまいました。

そして昨年末から寝ているときに足が
ふるえるようになりました。

キュティアに来たのは
年が明けてからのこと。

ふとしたことをきっかけに
頚に激しい痛みが出てしまった様子。

痛み止めを飲んでの来院でしたが
頚はかなりの痛みで上がらず
腰も下がってひどい背湾姿勢でした。

足の神経反射も低下していました。

その日の治療で頚の痛みは取れて
帰るころには頚が上がるようになり
喜んでいたのですが

その2日後完全に足が麻痺してしまったのです。

かかりつけの病院では最初は頚のヘルニア
でしょうと言われていたのですが
こんなに進行が早いと脊髄軟化症か
脳が原因かもしれないのでもう治らない
かもしれないと言われたそうです。

キュティアに再び来院されたのは
完全に四肢が麻痺してから2日後のことでした。

初回の治療の反応はとても良かったので
寝たきりの姿に私も正直驚きました。

キュンくんも突然立てなくなったことを
受け入れられず
落ち着かず夜も眠れず飼い主さんが
少しでも離れると吠えてしまっていました。

ものすごく不安だったのでしょう。

飼い主様に
「原因がはっきりわからないため
立てるようになるまで数ヶ月
場合によっては1年もしくは立てない
可能性もあります」
とお伝えしました。

ですが他に治療法もないので
とにかく鍼灸治療を試してみたいと。

まずは症状が出てからの
1ヶ月がとても大事なので1ヶ月間は
治療の反応があってもなくても
週に2回の通院をお願いしました。

また立てないことから起こる
不安やストレスを軽減するためにも
漢方薬も併せて処方しました。

飼い主のお姉さんは
平日はお仕事をされているので
ご実家のお母様にもご協力いただきました。

治療開始時は足先に針で刺激をしても
あまり反応がなかったのが
3回目あたりから反応が出てきました。

フセをさせてもすぐに横に倒れてましたが
フセをキープできる時間も少しずつ
長くなってきました。

約1ヶ月後の8回目の治療時は
夜中に鳴くことは減ったもののまだ寝返り
できずに時々起きたりしていました。

足はまだ動かす気配はなかったのですが
治療を開始して1ヶ月たったので治療間隔を
週に1回に減らしましょうとお伝えしました。

突然変化が起きたのは9回目の診察の時。

飼い主様が
「上半身を自分で起こせるようになって
夜も起きなくなりました」
というのです!

診察室ではフセをさせると前足で上半身を
起こしてオスワリをしました!

前足は動かすようになったものの
ずっと寝たきりで全身がガチガチ。

背中もかなり湾曲していたため
整体治療も合わせて行うようにしました。

そしてその次の10回目の治療の時です。

飼い主様が
「10歩くらい歩けるようになりました」
というので院内を歩いてみると
自由に歩きまわったのです!

pic_kyun3

スタッフ全員歓喜の声をあげました。

あきらめずに頑張って治療に
つれてきてくださった飼い主様と
キュンくんの立ちたいという強い気持ち
が奇跡を起こしたのです。

自由に歩けるようになった
キュンくんのうれしそうな顔が
忘れられません。

実はこれはつい先週の出来事なんです。

まだずべての足で神経反射が低下している
ので週1回の治療は継続中です。

このように書くと鍼灸治療が魔法
のようなものに感じてしまうかも
しれませんが全てのコがこのようになる
とは限りません。

鍼灸治療は気血のめぐりをよくすることで
そのコが持っている力を引き出してあげる
お手伝いをしてあげているだけだからです。

キュンくんが立てたのも
キュンくんと飼い主様の頑張りがあったから
だと私は思っています。

鍼灸治療で少しでもみんなが幸せ
になれるお手伝いができたらうれしいです♪

それではハッピードッグライフ☆

  • 獣医師コラムトップページへ