シニア犬・老犬の食事

キュティア老犬クリニックに通院しているシニア犬・老犬の飼い主様や、お電話などのお問合せの中で、シニア犬・老犬の食事についてよくご相談を受けます。食事は生命の糧。幸せなシニア犬ライフを送るためにも重要な、老犬の食事について考えてみましょう。

シニア犬・老犬の食事でとまどうことはありませんか?

シニア犬・老犬の年代になれば活動量も減りますし、消化機能が衰えたり、基礎代謝力が低下してきます。

ここではクリニックでのシニア犬・老犬の緩和ケア・リハビリ・介護医療の経験がぎっしりレシピに詰まったキュティアオリジナルフードを例に、年齢に合った適切なシニア犬・老犬の食事について考えてみましょう。

小さな頃から一緒に生活してきた愛犬。日常のちょっとしたしぐさの変化に気づくことができるのはなんといっても飼主さんです。日々の食事量の変化も自然に気になることでしょう。

キュティア老犬クリニックでは必要な栄養をはもとより、食べやすさを追求した、シニア犬・老犬フード国産無添加半生ペロを開発しました。

シニア犬・老犬国産無添加フード半生ペロ

シニア・老犬の食事で気をつけたいポイントは?

【良質な動物性たんぱく質を適量】

老犬の食事に欠かせないのは、消化吸収のよい良質なたんぱく質です。
犬も人と同じで、年齢を重ねていくにつれ、しだいに筋肉が失われます。
筋肉を作るのに必要なアミノ酸を摂取するためにも、できるだけ良質な肉たんぱく質を摂らせてあげましょう。

犬は本来、肉食動物。肉には多くのたんぱく質が含まれています。

キュティア老犬クリニックに通院するシニア犬・老犬の中にも、鍼灸治療・整体・リハビリを行いながら、良質な肉たんぱく質中心の食事に切り替えたことで、しっかりした筋肉が戻ったワンちゃんがいます。

ただし、与えすぎは禁物!
病気や肥満を予防する意味でも、散歩などの運動を取り入れながら、消化の良い高品質なたんぱく質を適量摂ることが、老犬の食事には必要です。

【老犬の食事量は、低カロリーとミネラルバランスを意識して!】

基礎代謝も落ちてくる老犬の食事量では、カロリー過多による肥満に十分な注意が必要です。
太りすぎは足腰のみならず、心臓や肺にも負担をかけます。
必要な栄養素を保ちつつ、低カロリーな食事量を心がけましょう。

もう一つ大切なのが、ミネラルバランスです。
ミネラルは人間と同様、シニア犬・老犬にとっても体の機能を調整する大切な要素。
一部のミネラルが多すぎたり、少なすぎたりすると体調を崩す原因にもなります。

特にカルシウムとリンの摂取バランスは、老犬の食事量にとっても重要なポイント。
適量な野菜、果物、海草類を混ぜて、健康的な食事量をサポートしましょう。

【関節・足腰の健康維持にコラーゲン・グルコサミン・コンドロイチン】

犬は体重を支えるために前足に負荷がかかります。
そのためにシニア犬・老犬になると後足が弱くなるケースが多く見受けられます。

さらに、年齢とともに関節が硬くなり、曲げ伸ばしが不自由になることから、ロコモティブシンドローム(運動器症候群)になりがちです。

キュティア老犬クリニックに通院するシニア犬・老犬の多くは、関節炎をはじめ、足腰に何らかのトラブルをかかえています。

関節の健康維持にはコラーゲン、グルコサミン、コンドロイチンがよいとされています。
老犬の食事では、これらの栄養素が摂れるよう、サプリメントを上手に使うこともお勧めします。
(「老犬の栄養補助」も参考にしてください)

【歯がないなど、食べやすさと消化、便秘にも注意が必要な老犬の食事】

シニア犬・老犬に食事を与える際、噛む力や口内の状況にも気を配る必要があります。
ドライフードは歯の病気を予防する利点がありますが、歯が弱いシニア犬・老犬になると、ドライフードが噛めないために嫌がることも多くなります。

食が細くなると体力が衰えますから、シニア犬・老犬が食事を喜んで食べてくれる工夫も必要です。
とくに歯がない場合はドライフードならお湯でふやかすなどして、香りをひきたたせ食欲をそそるよう、アレンジしてみましょう。

それでも歯がないために食事が噛めないような時は柔らかくて食べやすい、
半生タイプのフードもおススメです。

また、腸の運動も衰えてくるため、便秘になりやすくなります。便秘予防のためにも、適度な食物繊維も加えるようにします。

シニア犬・老犬用の食事に切り替えるタイミングと注意点

いつまでも若い時と同じ食事を続けるのは、肥満や内臓疾患のリスクを高めます。年齢の経過と運動量を見ながら、シニア犬・老犬向けの食事に切り替えていきましょう。

今まで慣れ親しんできたフードを一気に変えるのではなく、元のフードに新しいフードを混ぜることからはじめます。

9:1か8:2程度の比率からスタートし、食べかたや便の様子に注意しながら、3~4週間くらいかけて、シニア犬・老犬用の食事の比率を高めていきましょう。

また、老犬の食事では、嗜好の変化や強いこだわりが見られるようになります。

よく食べていたフードを急に食べなくなることも少なくありません。
そんな時は、いつもとは違ったフードや手作りごはんを少量ずつ与えてみましょう。

キュティア老犬クリニックに通われているシニア犬・老犬をみると、同じフードを食べ続けるワンちゃんの方が少ないようです。
何種類かのドッグフードを、食欲に応じて変えるなど、飼い主様は工夫をされています。

シニア犬・老犬の食事は食べやすさも考慮して

老犬の食事には、こうした様々な配慮に加え、食べやすさも大きなポイントです。
そこで今注目されているのが、半生タイプの手作り食。

キュティア老犬クリニックでは、医療経験をもとに、ドッグフード専門獣医師と共同でレシピを作り上げたフードをお勧めしています。
それが、シニア犬・老犬フード国産無添加半生ペロ

シニア犬・老犬フード国産無添加半生ペロ
健康維持を第一に考え、食べやすさを追求した、半生タイプのフードです。
安心・安全な国産無添加食材から、コラーゲン、グルコサミン、コンドロイチンをたっぷり抽出し、カロリーを低くおさえて、栄養価を高めたレシピになっています。

シニア犬・老犬フード国産無添加半生ペロは全て手作りです。オーダーを受けてから調理しますので、フレッシュで栄養価の高い状態でお届けすることができます。

クリニックとドッグフード専門獣医師とが共同で、研究を重ねてじっくりと作りあげた自信作。シニア犬・老犬が食事を楽しんでくれるよう、一粒ひとつ粒丁寧に、心を込めてお作りします。
シニア犬・老犬の食事にお悩みの方は、ぜひ一度お試しください。

シニア犬・老犬フード国産無添加半生ペロはキュティア老犬クリニックが運営するネット通販キュティアショップでお求めになれます。

病気をかかえたシニア犬・老犬の食事で気を付けることは?

シニア犬・老犬になったら、定期的に獣医師の検査・アドバイスを受けましょう。
慢性的な病気をかかえている老犬の食事は、獣医師に相談してしっかり指導を受けることが大切です。

肝疾患には良質なたんぱく質の摂取、腎疾患はたんぱく質とリンの制限、心疾患がある場合はナトリウムの制限など、病気によっては注意が必要な栄養素があります。

今は、多くのメーカーから、病気に合わせて栄養管理ができる療法食が出されています。

老犬の食事に療養食をとりいれることで、症状を緩和したり、病気の進行を遅らせたりすることができる
ようになります。

幸せ老犬ライフチェック

食事は生命の糧。老犬の健康状態を良く観察し、低カロリーで豊富な栄養素含む食べやすい食事を楽しくアレンジしてあげることで、きっと愛犬との絆もますます深まることでしょう。

皆様の愛犬が、健康なシニア犬ライフを一日でも長く過ごせるよう、願っています。

  • シニア犬・老犬の生活
  • シニア犬・老犬の食事
  • シニア犬・老犬の運動
  • シニア犬・老犬の栄養補助
  • シニア犬・老犬の認知症
  • シニア犬・老犬の介護
  • シニア犬・老犬が食べない
  • シニア犬・老犬のリハビリトレーニング
  • シニア犬・老犬の床ずれ
  • シニア犬・老犬の手作りご飯